グルメ

【札幌】HASSO (ハッソウ)で締めパフェ!大人の雰囲気抜群のドルチェテリア【北海道】

こんにちは! 北りゅう(@kitanoryu123)です!

ブログ内に「グルメ」カテゴリーを作っておきながら、大好きなラーメン記事の投稿ばかりになりあせりを感じています…

ということで、たまにはお洒落なお店も紹介したいのです!

札幌では数年前から夜お酒を飲んだあとにパフェを食べる「締めパフェ」が定着してきましたが、

今回はぼくのような年齢を重ねたアラサーでもゆっくりパフェを楽しめる「HASSO」をご紹介します!

※ぼくは締めのラーメンも大好きです。

HASSO(ハッソウ) Dolceteria Hokkaido

店舗情報

住所:〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西丁目 SCALETTAビル 3F

電話番号:011-231-7778

営業時間:16:00~翌1:00(L.O 翌0:30)

定休日:水曜日

札幌市営地下鉄南北線のすすきの駅から徒歩で約6分、同じく地下鉄南北線の大通駅からは約8分歩く距離にあり、すすきの近辺でたらふく飲んだあとにもピッタリなお店です。

営業時間も遅い時間まで営業しているので、「もう少しゆっくりしたいなぁ」という時にもオススメですよ。

ビルの階段を上っていくと、「HASSO」が見えてきます。(この段階でお洒落な店オーラが全開です)

店内はムーディで落ち着いた内観で、「今日はラーメンじゃない、パフェだ」と心に決めたゴールデンウィーク中に行ってきました!

イチゴとバジリコのパルフェ

正式名称:「イチゴとバジリコ、日高産モッツァレラチーズ カプレーゼ仕立てのパルフェ ~イチゴのソルベ、バジリコのジュレ、モッツァレラのムース ローズマリーのエスプーマ、セロリがアクセントに~」(1,500円)

名称が呪文のように長いパルフェ(パフェ)ですが、バジルやセロリの後味・においが苦手なぼくでも美味しく食べることができ、イチゴのシャーベットとモッツァレラチーズがパフェ全体をまとめてくれる一品でしたよ!

個人的にはビールとの相性も良かったので、ビール党の方にもおすすめです。

ゴルゴンゾーラチーズとシナ蜜のクレマコッタ セルクル仕立て

正式名称:イタリア産ゴルゴンゾーラチーズと日高産シナ蜜のクレマコッタ セルクル仕立て ~ゴルゴンゾーラチーズのジェラートと蜂蜜、リンゴのマリアージュ~」(1,200円)

最初にこの名称を見た時に、どんな料理がくるのか全く分からなかったぼくをお許しください…

人生で初めて食べたドルチェ(デザート)でしたが、セルクル(下の丸い分)はパリっとしていて、リンゴとゴルゴンゾーラチーズとの組み合わせもバッチリでした!

甘すぎないジェラートは夜の大人味で、ワインに合う素敵ドルチェでしたよ!

まとめ

HASSOはドルチェ以外にもパスタなどのイタリアンも食べられるので、締めではなく食事の場としても間違いないお店です。

普段の締めはラーメン派のぼくですが、今後は締めパフェのようなデザート類にも積極的にチャレンジしてみようと思います!

Faceboook:https://ja-jp.facebook.com/HASSODlceteriaHokkaido/

【食べログ】HASSO(ハッソウ)