歯科矯正

インビザラインでどれくらい歯は動くの?【アラサーの歯科矯正】

こんにちは! 北りゅうです!

前回の記事にも書きましたが、ぼくは2016年の4月からインビザラインで矯正治療をしています。

一般的に、歯科矯正と言えば「ワイヤー矯正」というイメージが強いので、アライナー(マウスピース型の矯正装置)をつけるだけのインビザラインで本当に歯が動くの??と疑問に思う人が多いのではないでしょうか?

今回は3年間のインビザライン生活でどれくらい歯が動いたのか、ビフォーアフターの写真付きでまとめました!

インビザライン開始前(ビフォー)

社会人として働き始め、貯金も貯まってきた20代半ばになり、ふと「そろそろ歯の矯正でもしてみようか…」とクリニックの歯科矯正無料相談を受けたのが2016年1月頃でした。

インビザラインの矯正治療を始める前には、

  • カウンセリング
  • レントゲン写真の撮影
  • 歯型などの診断を行う精密検査
  • ぼくの場合は歯を動かすスペースを作るために4本抜歯

をする必要があったので、アライナーを歯につけて矯正が始まるまでに1ヶ月~2ヶ月程度かかることが多いです。

もろもろの検査を終えて、2016年当時、最初に歯につけたアライナーの写真(ビフォー)がこちらです!

前歯が飛び出して出っ歯になり、ガタガタになった歯並びのせいで噛み合わせも悪い状態でした…

出っ歯の状態だと、前歯を使って食べ物を噛み切れないため、厚くカットされたお肉やイカを食べるのが本当に大変でした笑

インビザライン開始後(アフター)

インビザラインでは1つのアライナーを7日~2週間(歯の動き方やクリニックの方針によって異なります)歯につけて、その後新しいアライナーにつけかえて歯を動かしていくのですが、ぼくが3年間で使用したアライナーの数はなんと90個!!!

インビザラインではクリンチェックと呼ばれる治療シミュレーションをもとに、「どのように歯を動かしていくか」事前に確認してからアライナーをつけていきます。

しかし、人間の歯はシミュレーション通りには動いてくれない頑固者なので、途中でアライナーがはまらなくなったり、歯が痛くなったりするのです…

そんな現象がぼくにも起きてしまい、最初は40個程度で終わる予定が、歯型を取り直して追加で30個、そこからさらに追加で20個と、あっという間に90個というとんでもない数にまで増加していました笑

2度の歯型取り直しを乗り越えた、2019年4月のアライナーの写真(アフター)がこちらです!

きれいな曲線を描いてます…

今ではステーキでもイカでも、何でも噛み切れることに感動する毎日です笑

ビフォーアフターの比較

2016年4月から3年経過し、インビザラインを始める前の歯並びと、90個のアライナーをつけて歯を動かした後の歯並びを比較すると…

【左:2016年4月 右:2019年4月】

衝撃的な写真ですね…笑

定規で測ってみたところ、前歯が1.2cmほど引っ込んでいました~!

口元が引っ込んだことで口を閉じやすくなり、口呼吸をしなくなりました。(おかげで口の中や喉も乾燥しにくいです)

まとめ

この記事にあるビフォーアフターの写真を見て、「インビザラインでも歯は動く!」ということが伝わったのではないでしょうか?

もし、インビザラインをしようか悩んでいる方がいたら、ぜひ参考にしてみてください!